こまき矯正歯科は小牧市をはじめ、岩倉市・江南市・犬山市・春日井市・大口町・扶桑町からもアクセス良好で小児矯正も行っています。

〒485-0029 小牧市中央2丁目81番地
小牧駅徒歩5分 TEL 0120-37-8704

口腔筋機能療法について

おとなの矯正 詳しくはこちら
治療実績 3,500名 ※2015年9月時点 ● 上顎前突出っ歯)1,100名以上 ● 下顎前突(受け口) 690名以上 ● 叢生(八重歯、乱ぐい歯) 1,350名以上 ● 開咬(前歯が閉じない) 270名以上 ● 歯の欠損 460名以上詳しくはこちら

最近のお子様は固いものを食べるのが苦手になったと言われています。お子様の好きな食べ物と言えば、カレーライス、ハンバーグ、ラーメンなどあまり噛まなくても食べることができるものが上位を占めています。
本来物を飲み込むには、上下の奥歯、前歯と全部の歯が噛みあたらないといけないのですが、舌を前歯の間から出して物を飲み込む方がおみえになります。こういう方は口腔筋機能療法(正しく物を飲み込む練習)をしなければ、噛み合わせや発音が悪くなってしまいます。
以下の項目が二つ以上思い当たれば口腔筋機能療法の対象になります。

奥歯が上下噛みあたっているのに前歯が噛みあたらない

奥歯が上下噛みあたっているのに前歯が噛みあたらない

いつも口を開いており、無理につむろうと思うと下唇の下に梅干のような皺ができる

いつも口を開いており、無理につむろうと思うと下唇の下に梅干のような皺ができるいつも口を開いており、無理につむろうと思うと下唇の下に梅干のような皺ができる

幼稚園に上がるまで、もしくは現在まで指をしゃぶったり爪を噛んだりしている

幼稚園に上がるまで、もしくは現在まで指をしゃぶったり爪を噛んだりしている幼稚園に上がるまで、もしくは現在まで指をしゃぶったり爪を噛んだりしている幼稚園に上がるまで、もしくは現在まで指をしゃぶったり爪を噛んだりしている

固いものを食べるのが苦手で、食事が終わるまでの時間が長い

固いものを食べるのが苦手で、食事が終わるまでの時間が長い

サ行・タ行の発音が聞き取りにくく、幼児のようなしゃべり方が抜けない

口腔筋機能療法のレッスン内容について

当院では訓練を受けた歯科衛生士が担当になってマンツーマンで口腔筋機能療法を行なっていきます。
正しい嚥下(のみこみ)をするときに使う筋肉(舌の筋肉・唇の筋肉・かむ筋肉・のどの筋肉)を別々に訓練して、飲み込み方を覚えていきます。そして最終的には無意識のときでも舌が歯を押し出したり、唇を開けていないことが目標になります。

口腔筋機能療法のレッスン   口腔筋機能療法のレッスン
ページトップ